呼吸と咀嚼とロルフィング その1

最近、京都丸太町のロルファー・綾郁さんから

ロルフィングのセッション10というのを受けていて

今は、4回の施術を終えたところです。(体験も含めると5回)

 

そもそも私が、何故ロルフィングを受けようと思ったのか。

数年前にロルフィングの存在を知ったけど、

その時はなんかとなく敷居が高い感じがしたり、

施術する人が厳しそうな印象だったりして、スルー。

 

そして、また今年に入ってからロルフィングが気になり出し、

ロルファーさんが書いてる本を読んでみたりしていました。

偶然、夏にたどりついた綾郁さんのブログを読むようになり、

綾郁さんのブログからは、厳しそうなロルファーさん

という印象は受けず、文章も堅苦しくなく、

すんなり入ってくる感じ。

でも、その時は踏ん切りが付かず、再びスルー。

 

9月になって、大好きで、尊敬していて、憧れている心理セラピスト

佐原幹春先生ワークショップに参加しました。

その参加者に「最近興味あるのがロルフィング」と言う人がいて

「私もロルフィング気になってた!」と

ちょっとだけロルフィング話で盛り上がったのです。

 

さらに、そのワークショップの中でも

「意識はリソースである」

「意識をどのように運用するか」

「その際、身体の使い方も変えていくと良いかも」

みたいな話が出て、確かにそうだよねと思い、

ロルフィングやっぱり受けようかな?と思い始めます。

 

そして、そこから約2週間

どうしようかな?やめようかな?やっぱ受けようかな?と悶々とし

9/23の朝、何故か急に体験に行こう!って思って申し込み、

その日に体験を受けて、

その場でセッション10を申し込みました。

 

私自身、ロルフィングを受けるようになってから、

いろいろ、変化してると感じていて

足のむくみがとれてるのも

ロルフィングの影響もあると思います。

(さらに言えば、感情のやりとりの影響も)

 

今の段階で、ロルフィングを受けるようになってからの

一番大きな変化は何かと言えば

身体を意識したり、

感じる時間が圧倒的に増えたということ。

 

逆に言えば、今までは

身体を意識する時間がものすごく少なかったです。

他の人はどのくらい意識してるのだろう?

人それぞれかもしれないけど、私の場合、

誰かに「呼吸を意識してみて」と言われたら

その時は意識出来るけど、時間が経てば、

すぐ意識出来なくなる感じでした。

 

つづく

 

ちなみに佐原先生は、いくつかブログを書いています

どれもオススメなのですが、「自分育て」的には

佐原先生の子育てブログをかなり参考にしています。

 (一番好きな記事は「親子のすれ違い」)

 

この子育てブログを読むと、

こんなお父さんに育てられる娘さん達うらやましい・・・

とか思ってしまいます。

 

もちろん、私の父は私の父しかいなくて

変えようがないのだし、

いいところだっていっぱいある。

それは頭ではわかっています。

 

でもでも、やっぱり、こういうのいいな~

うらやましいな~って思っちゃう。

思っちゃうんだから、仕方ない。うん。

 

なので、私の「内なる父」に

佐原先生のエッセンスを少しでも

取り入れてもらおうと思います。

私の内なるお父さん、よろしくね(*^。^*)

足の変化@2016年11月

今日は靴屋さん(住道のエイト)に行ってきました。

 

最初に行った時のことは、以下で書いています。

シューズショップエイトに行く その1その2 その3(完)

 

今日で3回目でした。

 

おじさんは、まず私の中敷きを靴から取り出して

それをぱっと見て一言。

「ものすごくむくみがとれてる」とのこと。

 

やったー(≧▽≦)

 

おじさんは中敷きの先端のどの部分にどの指が来てるのか

明確にわかるみたいで、「ここが親指で、ここが・・・」

と解説してくれるのですが

私はそれを見てもよくわからなかったです。

でも、うっすら跡がついてるみたいでした。

 

そして足の厚みがかなり減ってるとのこと。

前回行った時には中敷きの下に

薄い中敷きの一部のようなパーツを足してもらったのですが

今回は、パーツや紐だけでは調整が無理ということで

普通の厚みのある中敷きを1枚ずつ足してもらいました。

おじさんが元の中敷きに合わせて、新しい中敷きを切ってくれて

それを元の中敷きの下に追加します。(有料・1足735円の中敷き)

 

こんなの追加して本当に履けるのかな?と思いましたが

大丈夫でした。

 

矯正靴を履いて歩く時、歩いてるうちにむくみがとれて

靴がゆるくなっていくので、靴下を履き足していくのですが、

その靴下が今回、2枚しか履けてなかったので

そんなにむくみとれてるとは思ってなかったのです。

多い人は靴下7~8枚も履けちゃうと聞いていて

私は2枚だから、まだまだだと思っていました。

(私も、靴下もっと履けるはずと言われました。)

 

まだ1ヶ月なのに、すごく変わるんですね~と関心していたら

15分歩いただけでも血液が身体を1巡してかなり変わるのに

それを毎日続けて1ヶ月も経ったら

本当にちゃんと変わるんだよ~と教えてくれました。

 

私は自分の足しか知らないし、毎日見てるから

変化がよくわからなかったけど、

おじさんにそう言ってもらえて

とっても嬉しかったです(*^。^*)

 

そして、私はエイトに来るまでは、自分の足は幅広だと

ずーっと思っていたので、やっぱり今日も確認したくなって

私の足は幅広ではないのですか?と聞いちゃいました。

おじさんは、「幅広ではないし、どちらかというと細め」

と教えてくれました∑( ̄Д ̄;)

 

その言葉にショックを受けていたら、

おじさんが足の幅についての解説を

いろんなサイズの中敷きを使って説明してくれました。

大事なことは何度でも説明してくれる優しいおじさんです。

 

最初に行った時も教えてもらったけど、

再び聞いてやっぱり納得。

踵に合わせて靴を履くことは、

とても大事なんだなって思いました。

 

そして、「今ならどんな靴の22cmでも入るよー」と言って、

22cmのブーツを試しに履かせてくれました。

 

素足にストッキングを履いた状態で

22cmのブーツはかなりゆるく感じました。

最近は靴をぴったりで履いてばかりなので、

こんなにゆるくて大丈夫なのかな?と思いました。

が、ブーツの場合は足首より上に生地があるので、

必要以上に足が前に行かず、ゆるくても問題ないとのこと。

 

パンプスは、小さいサイズの21.5cmくらいでも

いいかもねとのことで、そちらも試しに履かせてもらいました。

21.5cmなんて入るんだろうか?って思ったけど、

普通に履けちゃいました。(もちろん靴べら必須)

 

まあ、確かに私の足の実際のサイズは20.5cmだから入るよね・・・。

でも、やっぱり実際に履いてみて、履けてびっくり。

21.5cmのパンプスって見た目めっちゃ小さいです。

こんなのに収まるんだ?私の足?って思いました。

 

今日実際にブーツとパンプス履かせてもらって

なんかものすごくやる気をもらいました。

足の矯正、第一段階が終わったら

エイトでパンプスとブーツを買うんだ~(≧▽≦)

 

あと、私は初めて行った時に、

足の爪はしばらく切っちゃダメと言われてまして

それを守っていて、かなり伸びてきました。

 

そのことについて今日聞いたら、

切るタイミングは足の指先に垂直にハサミを当てて

刃の部分に爪が当たったらとのこと。

 

私の場合、まだ爪が当たらないので

切るタイミングではないとのことでした。

また実際に教えてくれるとのことでしたが

巻き爪にならないように丸く切らず

まっすぐ切るらしいです。

 

多分、次回か、その次くらいになるのかな?

足の爪の切り方教えてもらうのも楽しみです。

 

エイトのおじさんに会うと元気もらえるな~って思いました。

初めて行く時は、あんなに行くの不安だったのに、

もうすでに次に行くのが楽しみっていう(≧▽≦)

こういう靴屋さんはずっと続いて欲しいです。

 

足の変化について、またそのうち書きます(*^。^*)

体重問題 その6(完)

体重問題 その5のつづきです。

 

全然話が変わりますが、数年前に、

体脂肪の役割についての話を聞いたことがあります。

 

いくつか役割があったのですが、その中の1つに

 

排出に時間がかかる、体内に溜まった

有害な金属毒をコーティングして

身体の他の組織を傷つけないようにしてくれている

 

というものがありました。

 

そして別の機会に

未消化の感情は筋肉や内臓に溜まる

という話を聞いたことがありました。

 

そして、今年に入って何かのタイミングで、ふと

体脂肪が未消化の感情をコーティングする場合もあるのかも?

という考えが浮かびました。

これ、自分の身体で実験出来たら面白いな~と思っていました。

 

それで、今回の鑑定で、矩子先生がカードを開く前に

「体重は脂肪がついて太ってるんじゃないと思いますよ。

未完了の感情が老廃物として溜まってるだけだと思います。」

と教えてくださった時に、なにかいろいろ繋がった気がして

「やっぱりそうか~」と思ったのでした。

 

多分私は、普通の人より、体脂肪を生み出す能力、

体脂肪を身体に保てる能力に秀でてるんだと思います。

 

なので身体の「戦略」として、

未消化の感情をそのまま筋肉や内臓に溜めるより

脂肪でコーティングしてしまえ!その方が私の身体を守れる!

って思ったのかもしれないって、今回のシリーズを書きながら思いました。

 

身体は想像以上に私を思っていてくれたのですね。

全然気付かなかった・・・ごめん・・・

 

ってこれ、そのまんま、私の母に対するやり方と同じじゃん!!!

って気付きました∑( ̄Д ̄;)

 

心の在り方が身体の在り方に出てしまうんですね。

(食べ物を良く噛めないまま飲み込んでしまうのも、

心の在り方が身体に出てしまっていたのかも・・・と思いました)

 

私の身体ちゃん、今までがんばってくれてありがとう(*^。^*)

これからは違うやり方も試していくから、よろしくね。

 

って身体に伝えました。

 

私は、このブログを「自分育てのきろく」と名付けているように

今、「自分育て」をしていて

自分の感情を自分で受け止めるということを

矩子先生の鑑定を受ける前から、自分なりにやっていました。

 

でも、まだまだ足りないって思ってました。

自分1人でできるようにならなきゃって思ってました。

 

でも、違ったかもしれない。

 

自分で自分の感情を受け止めることも、

時には必要だろうけど

他の人に受け止めてもらうっていうのも必要だった。

どっちもできるのがいいと思いました。

 

その時に、「恐い」「受け止めてもらえなかったら悲しい」

「それで傷つくくらいなら、最初から言わない方がいい」

みたいな考えが、つい出てきてしまいそうになるけど、

それでも意識して、勇気を出して

人に自分の感情を受け止めてもらう経験を重ねてみようって思いました。

 

今後、私の体重がどうなるかは、今はわかりません。

実は、最近、体重測っていません。

 

「体重を見張っていなくちゃ安心できない」みたいな

体重との関わり方はもう嫌だなって思っていて

もう何ヶ月も体重測ることをやめていました。

 

将来的にどういう方法で体重と関わるのか

今は決めてないけれど、しばらくは

身体をもっと信頼してみようと思います。

 

最近「俺らの底力なめんな!」って

身体(細胞?)から言われてる気がしているんです。

 

なので、痩せてるかも?って自分で感じた時に、

体重を測ってみようと思っています。

 

ちなみに9月に健康診断受けまして、その時に体重は測っているので

どのくらい減ったかっていうのは、だいたい分かると思います。

またタイミングが来たら、報告するかも?

 

私と交流ある方は、

私の変化を見守っていただければ嬉しいです(*^。^*)

そして私との感情のやりとり

可能なら、よろしくお願いします(≧▽≦)

 おしまい

体重問題 その5

体重問題 その4のつづきです。

 

鑑定を受けて数日後、ごはんを食べていた時のこと。

歯の詰め物がとれた・・・∑( ̄Д ̄;)

 

そのとれた詰め物は、数日前にもとれて

詰め直してもらったばかりのものでした。

 

すごくショックで、悲しくて、最近、通ってる歯医者の対応に

違和感を感じつつあったのもあり、歯医者変えた方がいいのかな?とか

でもでも、違う歯医者行って、もっと変なところだったらどうしよう?とか

とにかく混乱していました。

 

でも、取れたなら仕方ない。そんなん言っても仕方ない。

早く詰め直した方がいいし、それには、いつも行ってる歯医者が楽なんだから

つべこべ言ってないで、早く予約の電話入れた方がいいじゃん!!!!

みたいな思考も出てきてました。

もうどうしたらいいかわからない・・・。

 

この間、1分もないと思います。

短い間に、感情と思考が入り乱れていました。

 

その日はタロット勉強会の日で、出かける時間も迫っていたので、

とりあえず、そのままごはんを食べ続け、食べ終わりました。

でも、その時のごはんの量が少なかったせいか、

なんとなく物足りない感を感じて、甘い物少しだけ食べたい、と思って

ちょうど家にあったサブレを1枚食べました。

 

そんなことをしてたら、歯のことはすっかり忘れてしまい

そのまま、出かける用意をしていました。

 

すると・・・またサブレ食べたくなった。

さっきのおいしかったな。もう1枚食べちゃおうかな?

 

あれ?さっき食べたのに、またサブレ食べたい・・・って

 

これかーーーーーーーっ!!!∑( ̄Д ̄;)

 

ってなりました。

 

ああ、私、ものすごい歯の詰め物がとれたこと

悲しくてショックだったんだ。

 

「そんな些細なこと」

「仕方ないじゃん、取れちゃったんだし」

って頭では思っていたけど、

ショックだったんだ。悲しかったんだ。

 

歯医者を変えるかどうかも、

どうしていいかわからなくて恐かったんだ。

その気持ちをお母さんにわかってもらいたい感覚がほしくて

安心したくて、それをサブレで得ようとしていたんだ???

まじで?まじなの?えええ?

 

ということを思って。

 

ああ、だんなに聞いてもらおう!って思って

でもだんなは会社にいて、家にはいなかったので、

とりあえずラインしてみました。

 

f:id:enough-1:20161031092310j:plain

 

そしたら・・・

「サブレ食べたい」が消えた・・・∑( ̄Д ̄;)

 

なにこれ?すごい・・・

 

そっか・・・

 

私ずっとわかってもらう感覚がほしくて

お菓子食べてたんだ?

食べたいから食べてたんだとずーっと思ってた。

好きだから食べてたんだと思ってた。

意志が弱くてダメな子だから、

お菓子食べちゃうんだと思ってた。

 

違うんだ?違うんだ??違うんだ???

 

安心したかったんだ・・・。

 

ひとまずラインのよしよしスタンプで安心したけど

夜にだんなが帰ってきてから、実際によしよししてもらいました。

その時、だんなのやり方(頭のなで方)が雑に感じたので

「もっと優しく、なでて」ってお願いしました。

 

以前なら遠慮して言えなかったかもしれないけど

「わかってもらえてる感覚」を得ることが目的だから

 ちゃんとお願いできました。

 

そして、優しくなでてもらえました。

すごく安心しました。

 

つづく

 

まだ書きたいことあるので、続きます(*^。^*)

体重問題 その4

体重問題 その3の続きです。

 

矩子先生「甘い物食べていたでしょう?それは、ストレス解消じゃないの。

甘い物はお母さんのおっぱいだから。」

 

私「うぉぇええ・・・∑( ̄Д ̄;)」

 

矩子先生「それを食べることで、お母さんにわかってもらってる感覚を

代わりに得てたんです。だから、食べ過ぎじゃないと思う。

ドカーっとごはん食べるとかじゃなくて、なんか感情が動いた時は、

甘い物食べて安心する、をやってるんだと思う。

それがお母さんにわかってもらえた感覚なんですよね。

 

誰かが、当時感じなくしてた恵美子ちゃんの気持ちを

わかってあげないといけないですよね。

本当はお母さんがわかってくれないといけません。

子供の気持ちをわかるのは親の役目だからね。

でも、病気とか仕事とかで出来ない場合も多々ありますよね。

それを求め続けてると得られないから、もうお菓子で紛らわすってなるけれども、

その代わりに今の自分が当時の恵美子ちゃんの気持ち

『あ、あの時すごく恥ずかしかったね。』とか

『それを1人でなんとかしないといけなかったの、

すごく嫌だったよね、分かって欲しかったよね』とか。

 

例えば、『こんなん書かれたー』って持って帰ったら、

お母さんが怒ってくれても良いですよね。

『なんや!こんなことしてー!学校に文句言ったるわ!』くらい言ってくれてたら、

その気持ちは吸収されたかもしれない。そういうことを今の恵美子さんが、

やっていってあげてほしいんですよね。

 

お母さんのことを気遣って、お母さんに対する愛が強いから、

お母さんが受け取りやすい感情は表現するけど、

受け取りにくいであろうマイナス感情はさっと処理する、

っていうスキルが恐らく身についているだと思うんですよね。」

 

私「じゃあ・・・具体的には過去にそういう、なかったことにしていた感情を

今感じてあげるっていうのが、(8枚目の)過去を見直す・・・」

 

矩子先生「来た道を振り返るってことですね。

感情日記をつけてもらったらいいかも。過去の感情日記。

お菓子を食べて紛らわしてた分を、今の自分がもし理想のお母さんだったら、

どういう風にわかってあげるかな?って、当時の恵美子ちゃんの気持ちをいろいろ聞いてみて、

その気持ちを書いてみて、それに対して、

『ああ、そうやったんやね。それは嫌だったよね。』っていう言葉をかけてあげると、

潜在意識って時間の感覚がないから、その言葉を今かけても、過去の恵美子ちゃんが聞くのね。

そうすると、小さい恵美子ちゃんは『あ!私の気持ち分かってくれる人いるやん』ってなって、

1人で処理しよう、じゃなくて誰かに話してもいいかも、とか、

表現してもいいかもっていう風に変わってきます。

 

過去に溜まった分はそうやって処理出来るし、

これから溜めるであろう分はもう溜めないように誰かに聞いてもらうとかね。

今後も嫌なことって日常生活してたらいっぱい出てくるじゃないですか。

その時には、ご主人に聞いてもらうとか、誰か親しい人に聞いてもらうとか、

タロットやってるんだったらその場で聞いてもらうとかして、

溜めないようにしてほしいんです。

 

我慢した分は甘いもので補うってことをやってると思います。」

 

私「そっか~、お母さんのおっぱいか~・・・」

 

矩子先生「そうなんですよね、甘い物系はね、チョコレートとか」

 

私「例えば、スナック菓子とかだったら、何ですか?」

 

矩子先生「スナック菓子も食べたら快感ホルモンが出るじゃないですか。

それもおっぱい系ですね。」

 

私「あ!普通のご飯だったら、おっぱいじゃないんだけど、

甘い物とかスナック菓子はおっぱいなんですね?」

 

矩子先生「そうそう。食べて、はぁぁ~気持ちいい~(*´ρ`*)

ってなるようなものはおっぱい系ですね。

 

何かそういうものが食べたくなったら、別に我慢しろってことじゃないんですよ。

無理に我慢すると余計ストレスになっちゃうから、

食べながらでもいいので、なんか気持ちわかってほしいんだなー私

っていうことを理解してあげてほしいんです。

 

今だったらFBとかで書いてもいいかもよ?

何か食べたくなってきた時に、自分、今、何感じてるかな?って思って、

腹立つこと出てきたら、腹立つ!!!って書いても良いと思うんだよね。

そしたら誰か反応してくれるだろうから」

 

私「なんか・・・すごい・・・納得しました」

 

矩子先生「それもね、悪いことじゃないんですよ。

お母さんのことが大好きだから、お母さんを苦しませないような方法を

恵美子ちゃんなりに編み出してやったわけですよね?

 

だから、それだけお母さんのことを好きだったということだから、

恵美子ちゃんは責めない、恵美子ちゃんはよく頑張った。

よく1人で頑張った。」

 

私「はい・・・・(T_T)」

 

矩子先生「1枚目とか2枚目を見ると、

人から来る感情とか人から来るアプローチっていうのが、

お母さんを見てたことで、あまり良くないものとして受け取ってるんですよね。

 

例えば、お母さんの気分が乱れるとか、お母さんが落ち込んでるとか、

怒ってるとか、それを見ると、人の感情っていうのは痛いものなんだとか、

ちょっと受け取るの嫌だなっていうイメージが出来て、

誰かが共感してくれようとして近づいてきても、言わない。

 

『いや、大丈夫大丈夫』みたいな感じで却ける、ってことを

過去と今、やってるみたいなんですよね。」

 

私「その時は、表現した方がいいってことなんですか?」

 

矩子先生「素直に受け取るって感じかな。

一瞬、こわっ!って感じると思うんです。

人が近づいてきて『どうしたん?』って聞かれた時に

『何でもないねん』ってやりそうだけど、

そこをちょっと扉を開けて、受け容れてみようかなみたいな。

 

未来のカードを見たら、自分の感情に素直に従える状態になると出てるので、

悲しい時は悲しいを表現できる、嬉しい時は嬉しいを表現出来るって言う風になっていくと

自由になるんじゃないかな?」

 

私「(7枚目の位置は何を表してるのかわからなくなって)これは何でしたっけ?」

 

矩子先生「フール、最終的な結果なんです。

崖から飛んでも大丈夫な子供だから、体重軽くなってくると思います」

 

私「笑・・・そうですね。笑 もしくは、体重とかは関係なく・・・」

 

矩子先生「それに関わらず、自由になるかもしれないですね」

 

私「あ。でも、子供のころの体重に戻れるかも?って、一瞬思いました。笑」

 

矩子先生「そうかもしれないですね。

余計に溜めてきたものが消化されたら、自然に痩せますよ。

ダイエットとか要らないと思う。」

 

私「(カードを見て)頑張ってダイエットしなさい、

という感じではないってことですよね?」

 

矩子先生「全然違います。過去出せなかった、1人で処理してきた

恵美子ちゃんの感情を振り返って共感してあげると、

しんどい時とかツラい時に甘い物食べて処理しようっていうことをしなくて良くなる。

違う方法で、前に進んでいけると思います。

 

ツラいことがなくなるわけじゃないですよ。

ツラいことがあった時に、誰かにわかってもらう、誰かに話すっていう方法、

違う道をたどって処理をしていけると思います」

 

私「わかりました」

 

f:id:enough-1:20161027092642j:plain

 

以上、体重問題に関する鑑定でのやりとりはここまでです。

時間にして20分弱の内容をまとめてみました。

まとめるというより、ほぼそのまま書いただけなんですけども(≧▽≦)

 

守田矩子(のり子)先生は、やっぱり素晴らしかったです。

本当に鑑定を受けに行って良かった。

また節目の時には予約を必ずゲットして、鑑定してもらおう!と思いました。

矩子先生、大・大・大好きです~(≧▽≦)

 

そしてこの話、これで終わりではありません。

鑑定内容はここまでですが、

鑑定が終わって数日後に「ああああ!これかーーーー!!!∑(゚Д゚)」

っていう経験をしました。

 

明日はそのことを書きますね。

なので、つづく

体重問題 その3

体重問題 その2のつづき。

 

そこで私が質問します。

私「それは普通のやりとりでいいんですか?

一緒にダイエット誰かとするとか、そういう話ではなく?」

 

矩子先生「感情で関わるってことです。

 

例えば、小学生の女の子が肥満度30%って書かれて

それを見て、本当は何を感じていましたか?」

 

私「他の人はそのハンコを押されてないのに押されてて、

見せられないみたいな感じ。恥ずかしかったです。」

 

矩子先生「恥ずかしいですよね。恥ずかしいというのを誰かに言いましたか?」

 

私「言ってない~(T_T)」

と言いながら、泣いてしまいました。

 

矩子先生は、そっと背中に手を添えてくれました。

その手がものすごく温かかったです(T_T) 今、思い出しても泣けます。

 

矩子先生「すごく嫌だったんだよね。腹立つよ。

恥ずかしいの中には、悲しみと怒りが両方あります。」

 

私「ああ・・・そうですね・・・(T_T) 

(しばらく涙で言葉が出ない)

でも、そのショックだったのも誰にも話せなかったです。」

 

矩子先生「そうだよね。ショック過ぎて言えない。」

 

私「友達にも知られたくないし、母親もウツだったりしたので・・・」

 

矩子先生「そっか~。じゃあ余計な負担かけられないよね・・・」

 

私「言えなかったですね・・・。 それがショックだった・・・んですね。

っていうことが今改めてわかりました。」

 

矩子先生「すごく恥ずかしいって思うじゃないですか?そんなんされたらね?

失礼よね?子供をそんな傷つけるようなことをね、学校がするなんてね。

それに対する憤りもあるだろうし、友達には見られたらあかんから隠さなあかんっていうのも、

すごいドキドキしたり、罪悪感持ったり、いろんな感情が渦巻きますよね。

後は、学校から帰ってきた時に、それらを全てないこととして、

こんなんで何も感じてませんよ

という風を装わないといけないわけですよね、お家の中で。

それが一番しんどかったかもしれませんね。」

 

私「ああ・・・そうですね・・・(T_T)  」

 

矩子先生「もしお母さんがどんな感情でも受け取ってくれる状態であれば

『もうこんなん書かれたの、すっごい恥ずかしい!嫌や~!』って言って

わーって泣けたかもしれないですよね?」

 

私「そうですね・・・。普通の子どもがどんな感じなのかはわからないですけど、

嬉しかったことは多分報告できてたと思うんですけど、

こんなショックなことがあったとか、こんな悲しいことがあったっていうのは、

家に帰って話すってことがなかったので・・・」

 

矩子先生「そこで身につけたのは、1人でこっそり処理するってことですよね。」

 

私「そうです~(T_T) 多分、なかったことにしてたんだと思います。

1人で悲しんでたという記憶も全然ないので。

別にたいしたことないしみたいな感じで、いつも他のことをして、気を紛らわしたり、

それこそお菓子を食べて紛らわすとか・・・だったので・・・

 

なので小学校低学年の時は、お菓子とか食べててもすごい外で遊んでたので、

体重は重かったけど、写真とか見ても太ってる感じじゃなかったんです。

でも、高学年になって中学受験の勉強を始めたりして、でも、お菓子は食べていたので、

それから本格的に太るようになってきたんです。

ストレス解消法が食べる、みたいな感じだったので。」

 

矩子先生「甘い物食べていたでしょう?それは、ストレス解消じゃないの。

甘い物はお母さんのおっぱいだから。」

 

私「うぉぇええ・・・∑( ̄Д ̄;)」

 

つづく

 

みなさんが続き楽しみにしてるよって言ってくださるので

とても励みになっています。

 

以前だったら、そういう時、うまくできなかったらどうしよう?って

恐くなって、自分がしぼんでいく感じだったのですが、

今回は、書くことを楽しめてるので、しぼむ感じがしません!

エネルギーもらってます。ありがとうございます(*^。^*)

 

https://www.instagram.com/p/BJl5wtEAsqn/

体重問題 その2

体重問題 その1の続きです。

 

カードをオープンする前に、まず矩子先生が言ったこと。

体重は脂肪がついて太ってるんじゃないと思いますよ。

未完了の感情が老廃物として溜まってるだけだと思います。

そういう人はダイエットしても痩せないし、食べ物の量と関係なく太るし

運動しても痩せないしということが起こります。

 

と教えてくださいました。

うわー、そうか~となりました。

そして、やっぱりそうだったんだ、とも思いました。

どうして「やっぱり」と思ったのかは、また後の方に書く予定です。

 

まず先にリーディング内容から書いていきます。

最初に体重についてどういう推移をしているか?

実際どんなカードが出ているのかを見ていきました。

(以下、特に説明ないところは、矩子先生の言葉です。)

 

1枚目:過去 【カップの4番】

目の前に3つ感情が入ったカップがあり

4つめのカップを差し出されてるのに

それを見ようとしていない受け取ろうとしていない状態。

 

これ見ると恵美子さんの体重問題と感情問題はくっついてる感じ。

もうこれ以上感情受け取れませんよ、いっぱいいっぱいなんですよ、という感じ。

 

やっぱり未完了の感情が体重として表れているイメージ。

 

2枚目:現在 【ワンド(棒)の7番】

この絵柄はたくさんの棒が向こうから飛んできているのを

自分に当たらないように防いでるところ。

ワンドだからそれは、ひらめきかもしれない、

チャンスかもしれない、お客さんかもしれない。

それなのに、当たらないようにしている。

ということは当たっちゃうと何か自分に不利益がある、ということだから

どちらのカード(1枚目と2枚目)でも、人との関わり合いを断とうとしている。

極力何も感じないように防いでる姿に見えます。

 

3枚目:未来 【法王(司祭)】

自分の感情を素直に感じ取って、それを基準として人を導いていく人のカード。

ここから先は理想の体重になっていくのかな、という感じ。

これが正しいと思える適正体重ですよね。

 

4枚目:今、どんな手段で体重維持にとりかかっているのか? 【ソードのナイト(逆位置)】

全身を鎧で包みながら、自分の正しさという剣を持って、走ってる馬。

これが逆さまに出たので、思うように進んでないという感じ。

こうしたい、これくらいになりたいというのがあっても、

なかなかうまく進まない。

なぜなら鎧を着ているから。

 

鎧の分が体重に加算されているという感じ。

実際の体重に、ここで消化していなかった感情が乗っかっているのかなという感じ。

 

5枚目:今、身を置いている環境 【カップのキング(逆位置)】

本来、正位置であればどんな感情でも受け取り、与えることができる大人の姿。

でも逆位置なので、感情のやりとりが大人になっていない。

素直に受け取る、素直に表現するというのが滞っている感じ。

 

6枚目:なにが障害になっているのか? 【ソードの7番】

村の共有財産である剣をこっそり持ち去ろうとする姿。

これは意味もないことを1人で勝手にやっているということ。

 

ここで私が「意味もないこと???」となりまして、質問すると

 

恵美子さんの体重と思われるものは、

人との関わり合いの中でしか解消できないのに

1人でダイエットしようとか、1人で運動しようとかしてるから

成果でないです、意味ないですよという感じ。

 

と説明してくださいました。この説明に衝撃を受けると共に、

なにそれー?面白ーい!(≧▽≦)と私は思いました。笑


7枚目:このまま行ったらどうなるか? 【フール(愚者)】

今いる場所、今の現状が嫌で仕方がないので、そこからぱっと飛び立つ。

未来と結果に大アルカナのプラス方向のカードが出ているので

この先には理想の体型、体重というのが手に入るのかな、というイメージ。

 

8枚目:そのためにどうするか?【ペンタクルのナイト】

今から未来に向かって進もうとする時に一旦馬を止めた状態。

なんで止まってるかというと、道を決めるため。

過去どういう道を自分が歩いてきたかを検証するため。

走りながらだと検証できないので、一旦馬を止め、後ろを振り返り、

今まで来た道でいいんだ、と思えばそのまま行くし

あ、ちょっと道が違ってたと思えば、ここで修正して、進んでいきます。

 

なので、過去の検証をしなさい、それをしてから前に進みなさいというアドバイス。

過去検証しないでダイエットとかしても成果が出ず、

止まったままになってしまいます。

 

これを見ると人と関わる中で感じてきた感情のフタを開ければ

体重減っていくでしょう、という感じ。

f:id:enough-1:20161027092642j:plain

 

つづく

この後が、もう・・・凄かったです(≧▽≦)

つづき楽しみにしていてください(*^。^*)