お化粧のこと その3

本題前に。

 

今朝もブログ書こうって思って、

その前に着替えてお化粧しよう!って思った。

 

そしたら、

今日は何着ようかな?どの髪飾りつけようかな?

今、どんな気分なのかな?どんな風に過ごしたいかな?

ってウキウキしてる自分がいた!

そしてめちゃくちゃ嬉しかった。

 

嬉しかったのは、自分が自分に大切にされてるのを

感じたからなのだと思う。

 

これ、みんな、こんな感じが普通なの?

それを毎日積み重ねてきたの?

だとしたら、めちゃくちゃすごいわ・・・

って思いました。笑

 

まあ、スタートは遅くなっちゃったけど、

今が人生で一番若いので、今からやるのです。

やり続けていくのです。

 

 

さて。話を前回の続きに戻します。

 

2016年3月8日。

棚田克彦先生のファミリーコンステレーションのワークショップの1日目。

私もセッション希望したのですが、残念ながら当たらず。

でも、みなさんのセッションを見せていただき

ものすごく心を揺さぶられました。

いろいろ衝撃を受けました。

 

そして怪しさは全然感じなくて、安心しました。

棚田先生のお話やセッション後の解説は、とてもわかりやすくて

先生は写真で見た時はなんか恐そうな人に見えたのですが(すみません!笑)

実際は時折見せる笑顔がとてもチャーミングで、そのギャップがすごく良かったです。

信頼できる方だなと感じました。

 

そして2日目を迎えます。

もうセッションに当たらなくてもどっちでもいいやと思いました。

1日目のセッションを見てもう十分元はとれたと思えたんです。

その上で、自分が当たるならそれは必要なことなのだろうし、

当たらなかったら、今の私には必要がないことなのだと素直に思えました。

 

というようなことを、朝、開始前に隣の方と話していたら

いきなり当たって、ちょっと驚きました。

 

私は、棚田先生の本を読んだ時

あなたの運命が本当に変わる心理学 幸福と健康の鍵は“家族"にあった

私の下に生まれてこなかった弟か妹がいるという事実を思い出しました。

まだ性別も分からない時だったので直感でしかないのですが

私は弟のような気がしていました。

 

セッションで、その弟の魂と私が同一化していると指摘されます。

かなり衝撃を受けました。

弟のことは思い出してはいたけど、そんな展開想像してなくて。笑

セッションに当たったら、どういう展開になるかな?と想像していたのに

全然想像と違っていました。

 

そして、その弟も含めた家族(両親、兄、私、弟)を

それぞれの場所に配置しなおしていただき

そのイメージを持って帰ってねと言われて、持ち帰りました。

 

その後も、他の方のセッションで代理人をさせていただき、

衝撃的な体験をしましたし、

その後の他の方のセッションも心に響くものばかりでした。

DVDだけで怪しすぎると拒絶せずに

実際に体験しに行って本当に良かったです。笑

 

で、自分の原家族を扱ってもらって、なんかいろいろ勝手に納得したんです。

自分がお化粧することや女の子らしい格好をすることに

違和感を感じる理由はこれだったのかも?と思いました。

 

セッションを受けて明らかに変わった体感があるのです。

これがめちゃくちゃ面白いのですが、今は書けません。

なぜなら、みんなに話すよりも前にTAKUYA∞に話したいから!笑

(まだTAKUYA∞と会ったこともないのに、会って話すと決めている。笑)

 

その体感以外は、両親との関係は変化があったと感じるのですが

でも、お化粧や女の子らしい格好をすることについては

日数が経っても変化を感じられずにいました。

 

私はスーパー銭湯に良く行くのですが、そこで見る幼い女の子達にも

「女」を感じることがあって、こんな小さくてもそんな意識が?って

よく感じていました。

 

私は肉体的には女だけど、その小さな女の子達よりも

女らしさが少ないと感じました。

なので、やっぱり私はそういう人間なんだと思っていました。

 

その4へ続く