お化粧のこと その6

OSHO禅タロット講座第1日目の夜は、もうヘロヘロだったと思います。

あんまり記憶がない。

 

でも、ちょうどこのタイミングで私の大好きなUVERworld

スタジオ作業の合間にyoutubeに歌をアップしていてくれてたのでした。

彼らはたまに、他の人の曲をカバーしたものをアップしてくれます。

 

その時は、aikoのカブトムシでした。

よくわからないけど、なぜかものすごく泣けました。


UVERworld(で)また×4やってみた

 

そして、普段ものすごく男らしいUVERworld

 

男祭り(男性限定ライブ)が好きすぎて

男祭りは年に1度はやるのに、女祭りはほとんどやらないから

女crewからブーイングが出るくらい男くさいのが好きな彼らなのに

 

女の子の気持ちを歌った歌を、こんなに素敵に表現している・・・

 

泣けて泣けて仕方がなかった。

 

何度も何度も聴きました。

数日間ずーっとそればっかり聴いていました。

 

そして、なんとなくわかったことがあります。

 

私は、この歌の女の子の気持ちに共感して

泣いているわけではないということ。

 

私は彼らが表現する歌に

それぞれの楽器の音色や、歌声に

「優しい眼差し」を感じることができたのです。

「見守るエネルギー」を感じることができたのです。

 

「がんばれ!がんばれ!おまえならできる!」的な

松岡修造的な熱いエネルギーではなく

ただただ、そっと見守る、とても優しい眼差しを感じてしまったのです。

 

それで、うまくできないかもしれないけど

失敗するかもしれないけど

それでもトライしてみようと思いました。

逃げずにやってみようと思いました。

 

ものすごく勇気をもらいました。

 

その7に続く

 

やっぱりUVER好きすぎる。

出会えて良かった。

 

そうそう、女祭り、たまにしかやらない彼らが

去年の9月、女祭り2日連続でやったんです。

私は行かなかったけど。

 

私は、女祭りを恐く感じていて

今までは全く行きたいと思わなかった。

で、つい最近、去年の女祭りを収録したDVDとBlu-rayが発売になって

それも見るのが恐かったんです。

 

でも、一昨日それを見てみたら全然恐くなかった。

めちゃくちゃ良かった。そんで何度も泣いた。笑

 

次いつ開催されるかわからないけど

次に女祭りあったら、行こう!って思いました。

 

UVERはCDもいいけど、やっぱりライブだ!

UVERworld 15&10 Anniversary Live LIMITED EDITION(完全生産限定盤) [DVD]

UVERworld 15&10 Anniversary Live LIMITED EDITION(完全生産限定盤) [DVD]