読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お化粧のこと その7

だんな、義母と一緒に夕日が浦温泉に来ています。

昨日の夕方に見た空がとてもきれいでした。

https://www.instagram.com/p/BGyuxhikp4g/

実際は、この写真よりもずーーーーーーーーーーーーーーっと美しかったです。

 

そして昨晩は、旅館のおかみさんに、蛍を見に連れて行っていただきました。

もう驚くくらいたくさんいて感動しました。今年は例年に比べて多いとのこと。

それでも、お天気によっては蛍が見れないこともあるのだろうし

本当に良いタイミングで来れました。だんなよ!ありがとう!!!

 

では、その6からの続きです。

 

OSHO禅タロットの講座を受けた翌日のことです。

 

とりあえず、以前、なんかの時のために買っておいた

色つきリップクリームを塗ってみました。

 

そして鏡で自分を見てみた。

 

あ・・・あれ?

あれれ?

 

あんまり違和感を感じないかも?

まあ、別に嬉しくもなかったけど。笑

 

私は3月のファミリーコンステレーションのワークショップで

棚田克彦先生に「弟との同一化」を解消するセッションをしていただきました。

(その時の様子→ お化粧のこと その3)

 

私はそれをしてもらったら、自動的に女らしくなると思っていたけど

違うのですね。

 

後になってから理解したことですが、

女らしさは育てなければならなかったのですね。

 

まあ、その時それはわかってなかったけど

違和感を感じなかったことに、かなり驚きました。

 

では、次どうしよう?

 

とりあえず眉王子である木梨純平さんに眉カットしてもらうのはいいとして

眉カットは、予約がとれないらしい。

予約とれるなら、心が決まるのに

予約とれないって、落ち着かないわー。

 

行って、却下されたらどうしよう?

すっぴんはダメです!言われたらどうしよう?

そしたら、どんなお化粧して行けばいいんだ?

どんな格好で行けばいいんだ?

 

そんなことを考えていたら落ち着きません。

 

いいえ・・・

それを考えてなくても、なんだか落ち着きません。

何をしていても、そわそわしまくり。

 

何かを調べようと思ってぐぐろうとしても、集中できない。

もう、座っていても、おしりが浮き上がってきて

そわそわそわそわ。

 

もうかなりの時間、そわそわしていたと思います。

 

するとそのうち、違う感じが出てきました。

 

恐い恐いとにかく恐い・・・。

 

まじかー!

恐いんだ?

私は恐くてたまらなくてお化粧したくなかったんだ?

 

でも、自分では原因が思い当たりません。

 

そうなると、私は知りたくなります。

 

でも、これは自分だけではたどり着けない気がしました。

 

それで、たまたまなのですが

その週末にゲシュタルト療法という心理セラピーのワークショップを

申し込んでいたのです。

なので、その時に運良くセッションしてもらえることになったら、

そのことを扱ってもらおうと思いました。

 

それまでは、とりあえず恐いとういことは分かった上で

できる範囲でやってみようということにしました。

 

youtubeで、いろんな人のお化粧動画を見ました。

 

そしてグロス、チーク、眉のペンシルは100均で

とりあえずのものを買って。

目が頻繁にかゆくなるのと、すぐ泣く、難しそうと言う理由で

アイメイクはばっさり却下することにしました。

 

ベースメークはだけはちょっとお金を出してでも

肌にあんまり負担がないのがいいと思って

ミネラル化粧品のCCクリームと

フェイスパウダーとして夜用ファンデというものを購入しました。

 

そして化粧品を買って、夕方家に戻って、

実際してみようとなった時。

ふと思い浮かんだだんなの言葉。

 

「お化粧する人あんまり好きじゃない」

「お化粧しないのが好き」

「お化粧するのってだましてるみたいなもんやん」

 

お・・・おぅ。

 

だんなに、嫌われたらどうしよう・・・。

 

まあ、でも、私が髪の毛を切っても

気付かない時も何回もあったし

うっすーいメイクだったら気付かないかも?と思いも出てきて。笑

とりあえず、うっすーいメイクを試してみることに。

 

そして鏡を見ます。

 

あれ?やっぱり違和感ないかも?

違和感ないというか、意外といいかも?

ちょっと恥ずかしいけど。笑

そして、思ってたよりも楽しいかも?

 

その日、だんなが仕事から帰ってきた時、

そのうっすーいメイクをしたまま(格好はTシャツ&ジーンズ)

平静を装いつつ出迎えてみたけど

何も言われませんでした。

 

よし、とりあえずしばらくこれでいこう。

 

その8に続く。