体重問題 その1

先日も書きましたが10月20日に

守田矩子(のり子)先生のタロット鑑定を受けてきました。

 

90分でいくつかのことを占っていただいたのですが

その中の1つがとっても面白かったので書いてみたいと思います。

 

何を占ってもらったかというと体重のこと。

どういうことかというと、私は自分でも自分は太っているな~と思っているのですが

最近は結構この体型もいいなって思っていました。

 

でも、健康診断を受けたら血液検査は問題ないのに

体重を減らしましょうと結果に書かれたり

膝が痛くなると、体重を減らしましょうと言われて

そうだよね~と思いますが、全くダイエットする気になれませんでした。

 

過去には、太っているのが嫌でダイエットしたりして

その時はきっちりやって、ちゃんと痩せて

(下半身の太さは納得いってなかったけども、でもでも薄い体型嬉しかった。笑)

でも、結局そのうちリバウンドしてしまうんです。

 

何度かそいうことを繰り返して、一時的に「我慢」を自分にさせても

結局またリバウンドするんだろうなーって思って

それでまた自己嫌悪に陥るのも嫌だなっていう気持ちもありました。

そして最近、私の潜在意識は太っていた方が安心する理由でもあるのかな?

なんて考えていたりしました。

 

 なので、私の潜在意識が今の体型や体重について

本当のところどう感じているのかを知りたかったのです。

 

私は幼い頃から、体重との葛藤があって。

 

それは小学校に入学して初めての健康診断の時。

その時、全く自分は太っていると思っていませんでした。

でも、体重測定をした結果、どうやら身長に対しての体重が重かったみたいで

「肥満度30%」というハンコを押されたのでした。

(数字は30%じゃなかったかも?記憶が曖昧になってます)

 

それがとてもショックで恥ずかしくて、

誰にも見られたくないって思いました。

そして私って太ってるんだ。って、そのまま信じました。

 

小学校低学年の頃の写真を大人になってから見返してみると

大人の私からしたら、ええ?これで太ってるの?という感じ。

痩せてはいないと思うけど、別に太ってもないような?

私、あのハンコを鵜呑みにしてただけで、勘違いしてたーと思いました。

でも、当時の私は「ああ、そうなんだ。私太ってるんだ。」

って思ってしまったのです。

そしてそれ以降の人生、体重との葛藤が始まるのです。

 

そんなわけで、矩子先生に体重について

インテグレーションタロットで占っていただきました(≧▽≦)

実際のリーディング内容はまた次回以降に書いていきますが

ひとまずどんなカードが出たかだけお見せしておきます。

 

f:id:enough-1:20161027092642j:image

じゃーん!

 

 つづく

 

そうそう、昨日書いた記事に

FBでいただいたコメントで気付いたことがあったので

追記しました。気になる方はどうぞ(*^。^*)

感情表現をする。コントロールはしない。(追記あり)