読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体重問題 その2

体重問題 その1の続きです。

 

カードをオープンする前に、まず矩子先生が言ったこと。

体重は脂肪がついて太ってるんじゃないと思いますよ。

未完了の感情が老廃物として溜まってるだけだと思います。

そういう人はダイエットしても痩せないし、食べ物の量と関係なく太るし

運動しても痩せないしということが起こります。

 

と教えてくださいました。

うわー、そうか~となりました。

そして、やっぱりそうだったんだ、とも思いました。

どうして「やっぱり」と思ったのかは、また後の方に書く予定です。

 

まず先にリーディング内容から書いていきます。

最初に体重についてどういう推移をしているか?

実際どんなカードが出ているのかを見ていきました。

(以下、特に説明ないところは、矩子先生の言葉です。)

 

1枚目:過去 【カップの4番】

目の前に3つ感情が入ったカップがあり

4つめのカップを差し出されてるのに

それを見ようとしていない受け取ろうとしていない状態。

 

これ見ると恵美子さんの体重問題と感情問題はくっついてる感じ。

もうこれ以上感情受け取れませんよ、いっぱいいっぱいなんですよ、という感じ。

 

やっぱり未完了の感情が体重として表れているイメージ。

 

2枚目:現在 【ワンド(棒)の7番】

この絵柄はたくさんの棒が向こうから飛んできているのを

自分に当たらないように防いでるところ。

ワンドだからそれは、ひらめきかもしれない、

チャンスかもしれない、お客さんかもしれない。

それなのに、当たらないようにしている。

ということは当たっちゃうと何か自分に不利益がある、ということだから

どちらのカード(1枚目と2枚目)でも、人との関わり合いを断とうとしている。

極力何も感じないように防いでる姿に見えます。

 

3枚目:未来 【法王(司祭)】

自分の感情を素直に感じ取って、それを基準として人を導いていく人のカード。

ここから先は理想の体重になっていくのかな、という感じ。

これが正しいと思える適正体重ですよね。

 

4枚目:今、どんな手段で体重維持にとりかかっているのか? 【ソードのナイト(逆位置)】

全身を鎧で包みながら、自分の正しさという剣を持って、走ってる馬。

これが逆さまに出たので、思うように進んでないという感じ。

こうしたい、これくらいになりたいというのがあっても、

なかなかうまく進まない。

なぜなら鎧を着ているから。

 

鎧の分が体重に加算されているという感じ。

実際の体重に、ここで消化していなかった感情が乗っかっているのかなという感じ。

 

5枚目:今、身を置いている環境 【カップのキング(逆位置)】

本来、正位置であればどんな感情でも受け取り、与えることができる大人の姿。

でも逆位置なので、感情のやりとりが大人になっていない。

素直に受け取る、素直に表現するというのが滞っている感じ。

 

6枚目:なにが障害になっているのか? 【ソードの7番】

村の共有財産である剣をこっそり持ち去ろうとする姿。

これは意味もないことを1人で勝手にやっているということ。

 

ここで私が「意味もないこと???」となりまして、質問すると

 

恵美子さんの体重と思われるものは、

人との関わり合いの中でしか解消できないのに

1人でダイエットしようとか、1人で運動しようとかしてるから

成果でないです、意味ないですよという感じ。

 

と説明してくださいました。この説明に衝撃を受けると共に、

なにそれー?面白ーい!(≧▽≦)と私は思いました。笑


7枚目:このまま行ったらどうなるか? 【フール(愚者)】

今いる場所、今の現状が嫌で仕方がないので、そこからぱっと飛び立つ。

未来と結果に大アルカナのプラス方向のカードが出ているので

この先には理想の体型、体重というのが手に入るのかな、というイメージ。

 

8枚目:そのためにどうするか?【ペンタクルのナイト】

今から未来に向かって進もうとする時に一旦馬を止めた状態。

なんで止まってるかというと、道を決めるため。

過去どういう道を自分が歩いてきたかを検証するため。

走りながらだと検証できないので、一旦馬を止め、後ろを振り返り、

今まで来た道でいいんだ、と思えばそのまま行くし

あ、ちょっと道が違ってたと思えば、ここで修正して、進んでいきます。

 

なので、過去の検証をしなさい、それをしてから前に進みなさいというアドバイス。

過去検証しないでダイエットとかしても成果が出ず、

止まったままになってしまいます。

 

これを見ると人と関わる中で感じてきた感情のフタを開ければ

体重減っていくでしょう、という感じ。

f:id:enough-1:20161027092642j:plain

 

つづく

この後が、もう・・・凄かったです(≧▽≦)

つづき楽しみにしていてください(*^。^*)