読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体重問題 その6(完)

体重問題 その5のつづきです。

 

全然話が変わりますが、数年前に、

体脂肪の役割についての話を聞いたことがあります。

 

いくつか役割があったのですが、その中の1つに

 

排出に時間がかかる、体内に溜まった

有害な金属毒をコーティングして

身体の他の組織を傷つけないようにしてくれている

 

というものがありました。

 

そして別の機会に

未消化の感情は筋肉や内臓に溜まる

という話を聞いたことがありました。

 

そして、今年に入って何かのタイミングで、ふと

体脂肪が未消化の感情をコーティングする場合もあるのかも?

という考えが浮かびました。

これ、自分の身体で実験出来たら面白いな~と思っていました。

 

それで、今回の鑑定で、矩子先生がカードを開く前に

「体重は脂肪がついて太ってるんじゃないと思いますよ。

未完了の感情が老廃物として溜まってるだけだと思います。」

と教えてくださった時に、なにかいろいろ繋がった気がして

「やっぱりそうか~」と思ったのでした。

 

多分私は、普通の人より、体脂肪を生み出す能力、

体脂肪を身体に保てる能力に秀でてるんだと思います。

 

なので身体の「戦略」として、

未消化の感情をそのまま筋肉や内臓に溜めるより

脂肪でコーティングしてしまえ!その方が私の身体を守れる!

って思ったのかもしれないって、今回のシリーズを書きながら思いました。

 

身体は想像以上に私を思っていてくれたのですね。

全然気付かなかった・・・ごめん・・・

 

ってこれ、そのまんま、私の母に対するやり方と同じじゃん!!!

って気付きました∑( ̄Д ̄;)

 

心の在り方が身体の在り方に出てしまうんですね。

(食べ物を良く噛めないまま飲み込んでしまうのも、

心の在り方が身体に出てしまっていたのかも・・・と思いました)

 

私の身体ちゃん、今までがんばってくれてありがとう(*^。^*)

これからは違うやり方も試していくから、よろしくね。

 

って身体に伝えました。

 

私は、このブログを「自分育てのきろく」と名付けているように

今、「自分育て」をしていて

自分の感情を自分で受け止めるということを

矩子先生の鑑定を受ける前から、自分なりにやっていました。

 

でも、まだまだ足りないって思ってました。

自分1人でできるようにならなきゃって思ってました。

 

でも、違ったかもしれない。

 

自分で自分の感情を受け止めることも、

時には必要だろうけど

他の人に受け止めてもらうっていうのも必要だった。

どっちもできるのがいいと思いました。

 

その時に、「恐い」「受け止めてもらえなかったら悲しい」

「それで傷つくくらいなら、最初から言わない方がいい」

みたいな考えが、つい出てきてしまいそうになるけど、

それでも意識して、勇気を出して

人に自分の感情を受け止めてもらう経験を重ねてみようって思いました。

 

今後、私の体重がどうなるかは、今はわかりません。

実は、最近、体重測っていません。

 

「体重を見張っていなくちゃ安心できない」みたいな

体重との関わり方はもう嫌だなって思っていて

もう何ヶ月も体重測ることをやめていました。

 

将来的にどういう方法で体重と関わるのか

今は決めてないけれど、しばらくは

身体をもっと信頼してみようと思います。

 

最近「俺らの底力なめんな!」って

身体(細胞?)から言われてる気がしているんです。

 

なので、痩せてるかも?って自分で感じた時に、

体重を測ってみようと思っています。

 

ちなみに9月に健康診断受けまして、その時に体重は測っているので

どのくらい減ったかっていうのは、だいたい分かると思います。

またタイミングが来たら、報告するかも?

 

私と交流ある方は、

私の変化を見守っていただければ嬉しいです(*^。^*)

そして私との感情のやりとり

可能なら、よろしくお願いします(≧▽≦)

 おしまい