読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

呼吸と咀嚼とロルフィング その3

呼吸と咀嚼とロルフィング その2のつづきです。

 

よく噛むようになって、気付いたこと。

 

よく噛めるようになるということは

感じる能力と理解する能力が上がるのかも?ということ。

 

食べる時って、

(1)口の中に食べ物を入れる。

(2)もぐもぐ、かみかみする。

(3)飲み込む。

 

ってするけど、よく噛むことは

(2)の時間が長くなるということです。

 

「食べ物と一緒にいる」時間が

長くなるということです。

 

そして噛んでいる時、味を感じます。

それ以外にも、口の中に物が入ってるのを感じる。

まだ大きい塊があるなとか、

唾液がいっぱいでてきたなとか、

だいぶ細かくなってきたなとか、

奥の方に行って飲込む寸前だなとか、

イチイチ頭では考えないけど

食べ物と一緒にいつつ、いろんなことを感じています。

 

その結果、分かる、理解する、という感じ。

 

「分かる」とか「理解する」って、

分・解って漢字使われてるし!

(噛む行為は食べ物を分解してるようなもんだし!)

 

さらにいえば「咀嚼」という言葉自体、

食べ物を噛む意味以外にも

理解する、解釈するっていう意味もあるし!

(日本語すごー)

 

こう思ったきっかけの出来事があります。
 
私は、つい最近まで身体の一部分でモヤモヤを感じていました。

モヤモヤしてることはわかるんだけど、

なんでモヤモヤしてるのかわからなかった。

 

なにが原因かもよくわからず、

なんとなくこれが原因なのかな?とは思うものの

なんでそれがモヤモヤなの?みたいな感じで、

訳が分からなかった。

 

以前にもこういうことは何度もありました。

モヤモヤしてることにすら気付かないこともあったし

気付いても、結局原因がわからなくて放置みたいな感じ。

 

今回もそのモヤモヤがあって、

そのモヤモヤがある間はやっぱりお菓子食べちゃってた。

(これについては体重問題 その4 に書きました。)

 

あー、私、なんかわかってほしいことがあるんだ

あのモヤモヤが表現したいことがあるんだ

って思いながら(よく噛みつつ)お菓子を食べてた。

でも、モヤモヤはモヤモヤのままで何も言わず。

そこにあるだけ。

 

という感じで、数日過ごしていたら

昨日、突然モヤモヤの言いたいことが

わかってしまった∑(゚Д゚)

 

つづく

 

本当は今回で書き終わるはずだったのに

これ書いてたら新たな気づきがあって、

なんかすごーいってなってる。

おもしろーい(≧▽≦)

 

https://www.instagram.com/p/BMpd0TLAfPT/