読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

運転のこと その3(完)

運転のこと その2のつづきです。

運転は体感覚でする。
運転中に「安全である」と感じるのは、体感覚。

もうね・・・こんなこと当たり前すぎて
誰も言語化しないのかもしれないけど
私はもっと前に、教習所で教えてもらいたかったよー。・゚・(*ノД`*)・゚・。ウワーン

とはいっても、当時、そのことを教えてもらったとしても、
「運転中に安全を体感覚で感じられない私はどうすればいいのよ?」
ってなってたと思うけど・・・。

私の場合、運転の時に感じていた必要以上の恐怖は
幼い頃に見た夢(睡眠中の)が原因でした。
全く運転や車とは関係ない夢だったのに、
運転の時にその心理状況が再現されてしまっていたのでした。

佐原先生のセッションで、その時の状況に身を置いて
恐怖をちゃんと感じて、消化して、
さらに母との繋がりを取り戻しました。
(この繋がり取り戻すのがすごく大きかった気がする)

セッション自体は、すごく満足いくものだったのですが
正直に言えば、その時は
「こんなんで、本当に変化感じられるものなのかな?」
って思っていました。

そして、セッションから数日後、実際に運転してみました。
最初は変化がよくわからなかった。
よくわからんけど、確かにあんまり怖くないかも?
必要以上に、緊張しないかも?みたいな感じ。

でも、たまたま道を間違えて、
自分がどこにいるかわからなくなってもパニックにならずに運転できて、
ちゃんと元の道に戻ることができて
私、変化してるんだって感じました。

そして、何度か運転してみて、徐々にわかってきたことは
運転中、自分の身体の中にずっしりと重い錨のようなものが
おりている感覚が出てきたこと。
運転していて怖い時はあるけど、その錨みたいなものがあるから、
落ち着いて怖さと一緒に居られるのです。

さらに、運転中に感じる「怖い」という感覚は、
安全に運転するために必要な感覚なのだな、と思えるようになりました。
(怖いと感じたら減速したり、止まったり、慎重に運転するから)

なので、運転している時、特にメーターを確認しなくても
この速度なら安全だな、というのが身体でわかるようになったし
安全確認も、ミラーや目視でチェックして、自分で判断できる感じです。

それで、今までは体感覚を使えてなかったので、
この部分の感覚は、経験値が積み重なっていかなかったのです。
何度運転しても、次はまた最初から、みたいな。

でも、この1ヶ月、運転してみて感じたことは
体感覚で運転してると、ちゃんと経験値が積み重なっていく、ということ。
1ヶ月で、しかも毎日運転してるわけではないのに、それが実感できるのです。
体感覚だからね。そりゃ経験値積み重なっていくよね、って感じなのですが
思考で運転してたら、経験値、積み重なってるのが感じられませんでした。
だからずっと苦手なまま、だったのだな~と思いました。

最近は、今まで躊躇していた場所に運転して行ってみたり、
避けていた道を通ったり、駐車場に停めたり、ということをしています。
前もって、そうしようと準備をしているわけではなく、
その場その場で、あ?避けていたあの道を通ってみようかな?とか
避けていたあの場所に停めてみようかな?みたいに思って、
それを実行する感じ。

最初はちょっと怖いな、不安だな・・・とは思うんだけど、
実際に、その場に行ったら、もうやるだけ。
ちょっと苦労する時もあるけど、結局、なんとかなってます。

そして、今まで自分を制限していたものを超えるのって、
気持ちいい!清々しい!

それが些細な制限だったとしても、それを超えることで
こんな風に清々しさを感じられるんだとわかって
ちょっと感激しています。

そして、この感じを運転以外のことでも、
もっと体験したい!と思ったのでした。

どうなるかわからないけど、変化が楽しみです。

おしまい

 

https://www.instagram.com/p/BOcK30wAgP-/