読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「日本一幸せな従業員をつくる!」

 7月2日(日)に、あるイベントのお手伝いをすることになりましたので
今日は、そのイベントについて書きます。

Dream Garden Presents
柴田秋雄×ひすいこたろう
3秒で日本一幸せになる映画上映会&奇跡のコラボ講演会

具体的には、

○「日本一幸せな従業員を作る!」という映画の上映
○ 柴田秋雄さん(その映画に出てくる主人公となる方)の講演
○ ひすいこたろうさんの講演

が1日で楽しめるイベントとなっております。
詳細や申し込み方法は、最後の方に書きます。

その前に、「日本一幸せな従業員を作る!」という映画について
書きたいと思います。

この映画、私は今年の1月に初めて見て


ホテルアソシア名古屋ターミナルの挑戦 予告編 ver2.1


大変平凡な感想になってしまうのですが
とても素晴らしくて感動しました。

2月に2回目を見て・・・
その時も感動しました。

そして、ようやく、数日前に
ああ!!あの映画に感動した時の感じは
あの時に感動した、あの感じだ!!!と思ったのです。

それは、100分de名著という番組で
内村鑑三の「代表的日本人」がとりあげられ
その中に出てくる上杉鷹山を知った時の感動。衝撃。

上杉鷹山は、江戸時代中期の大名で、出羽国米沢藩の第9代藩主。
巨額の負債をかかえた米沢藩を立て直した偉大な改革者です。

そのやり方と、この映画の主人公である柴田秋雄さんが
ホテル経営を立て直したやり方に
通ずるところがあるのではないかと感じたのです。

映画の話とは離れてしまうのですが、
「代表的日本人」の上杉鷹山の章から少し引用します。

東洋思想の一つの美点は、経済と道徳とを分けない考え方であります。東洋の思想家たちは、富は常に徳の結果であり、両者は木と実との相互の関係と 同じであるとみます。 木によく肥料をほどこすならば、労せずして確実に結果は実ります。「民を愛する」ならば、富は当然もたらされるでしょう。「 ゆえに賢者は木を考えて実をえる。小人は実を考えて実をえない」。
(中略)
鷹山の産業改革の全体を通じてとくにすぐれている点は、産業改革の目的の中心に家臣を有徳な人間に育てることを置いたところです。
(中略)
当時の慣習には全然こだわらず、鷹山は自己に天から託された民を、大名も農夫も共にしたがわなければならない「人の道」に導こうと志しました。


そして以下は、100分de名著の上杉鷹山のパートで語られた内容です。
(動画見た方が早いかもだけど)


100分de名著 内村鑑三 試練は人生からの問いである Part2 武内陶子 伊集院光 若松英輔 筧利夫 毎週水曜日 100ぷんで名著

 

自己に天から託された民

若松さん:
「託された」ってとこころが大事だと思うんですね。
もちろん天は今までお話してきた「大いなるもの」ってことですけども
「大いなるものから預けられてる」ってことなんですね。
「預けられてる」っていうのは、どういうことかって言うと
それを自分の自由にしてはならない、ってことだと思うんです。

そしてあわよくば、より良くして預けられたものに返すってのが
託されるってことの、とても大事なことだと思うんです。

伊集院光
自由競争社会の中で弱者っていうか、
敗者は捨てていくっていう選択ってありますよね。
今、ニートです、もうしょうがないよ、君は能力がないんだから、っていう
君が努力しなかったんだからって捨ててく世の中だと思うんですけど
それ許されないわけですよね。託されたものだから。

若松さん:
そうです。そうなんです。それは絶対にあってはならない

 

経済と道徳とを分けない

若松さん:
経済っていうのは我々の生活ですね。
道徳って言うのは我々の人生だと思えばいいかもしれません。

生活っていうのは日々のご飯を食べたり、寝たりっていう生活ですね。
人生って言うのは、その人にとってかけがえのない何か、ですね。
それがちょうど、縦軸と横軸になってような感じだと思うんですね。
それは分けられないってことだと思うんです。

我々はなぜ仕事をするのか。
それは我々が幸せになるためだ。
本当の意味での幸せをつかみ取るために
我々は仕事をするのだ、ということですね。

伊集院光
幸せになるために仕事をしてるのに
その仕事自体が自分を不幸せにする
ということの、その矛盾ですよね。

若松さん:
そうなんですね。それが現代が抱えているとても大きな問題、
と言えるかもしれないですね。

 
って・・・映画とかけ離れた話を書きすぎた気がしないでもありませんが
私は、「日本一幸せな従業員をつくる!」を見た1回目と2回目は、
ただただ感動するだけで
こういった視点を持って映画を見ることができなかったのです。

それで、もう一度映画を見て確かめたいと思うことがいっぱいあって
さらに、柴田さんに直接会えるのも、7月2日が初めてなので
今から当日が楽しみなのであります。

是非、7月2日、ご一緒しましょう。

今回は、長くなりすぎてしまったので、
ひすいこたろうさんの紹介は、また今度。

では、イベントの詳細です。

Dream Garden Presents
柴田秋雄×ひすいこたろう
3秒で日本一幸せになる映画上映会 & 奇跡のコラボ講演会

【日時】2017年7月2日(日)
10:30開場/11:00開演
(終了予定16:00)

【場所】大阪中央会館
大阪市中央区島之内2-12-31

【料金】前売6,000円/当日7,000円

お申し込みは、こちらのフォーム


または、私に直接会う機会がある方、
その時に声をかけてくだされば
チケット、フライヤーお渡しできますので
よろしくお願いします。

f:id:enough-1:20170512141053j:plain