札幌で体験したこと

最近、ある学びのグループに参加しているのですが
その学びのために、先月末に一人で札幌に行きました。

新婚旅行や結婚7年記念旅行で
夫と一緒に北海道に行ったことはあったのですが
そのどちらもレンタカーを借りての旅行で、札幌は素通りでした。

なので、札幌は今回、ほぼ初めてみたいなもので、
でも、昼間は学びの時間で、観光はほとんどできないだろうなと思っていて
あんまり期待してなかったのです。

でも予想以上に素晴らしい土地で、とっても気に入りました。

店員さん等、街の人たちに余裕があって、
多くの人たちが親切にしてくれます。温かみを感じます。
お店で何かを買う時にレジをしてくれた若い人たち
だいたい目を合わせて、にこってしてくれます。

それが全然事務的でなく、自然にやっている感じ。

私は人の影響を受けやすいので、
その「余裕や「温かみ」の影響を十分に受けてきました。

人の影響を受けやすいことは、
困ったことだと思っていたけれど
今回のように役に立つこともあるのだと気づきました。

そしてその「余裕」や「温かみ」のおかげで
安心して感覚を開いておくことができて
そのおかげで、素晴らしい体験をしました。

学びの最終日、宿泊しているゲストハウスの最寄り駅に降りて
その日の朝、その駅の近くに小さな川があることに気づいたので
もう辺りも暗かったけど、川を感じたくて、近づきました。

水の音が心地よく。

もっといい場所を求めて
感覚を開いたまま、川沿いを歩いてみたのです。

川のせせらぎ。香り。

7月末なのにあじさいがきれいに咲いている。
暗い中でも存在感があり、うっとりと眺める。

すると橋が出現。

え?参道・・・?

え?ここ神社だったの・・・?

その橋を渡って、たどりついたのが
水天宮でした。

場所は違うけれど、
私の産土神社は東京の水天宮なのです。

だから、すごく驚いて、でも嬉しかったです。

なんとなく、今学んでいることが間違いではないと
言われているような感覚になりました。

そして、どんな形になるかはわからないけれど
今、学んでいることを全身全霊で吸収して
身体に刻み込んで、それを良いことに使っていこうと
決意を新たにしたのでした。


自分の感覚に従って
心地よいほうに歩いていただけなのに
こんなことってあるんだ?

というか、本当はこれが当たり前なのかもしれない。
わからないけれど。
それはこれから、自分で確かめるつもりだけれど。

でも、今回体験した、この感覚を
忘れないようにしたいと思って、
ブログに残しました。

 

https://www.instagram.com/p/BXLgV1YlizU/